お母さんかく語りき

気づけば子供のことばかりですね。

スーパーレジに並びながら

日曜日午前中は、近所のスーパーは朝市セールで、毎週、混みあいます。
当然レジも長蛇の列です。

いつも不思議でした。
9つのレジがあるのですが、それぞれ1列に並んでいても、途中から2つのレジに分かれていく列があるのです。
ずっと不思議でしたが、たまのことなので、買い物が終わると忘れ、さほど気にもしていませんでした。

先日も並び始めてから、思い出し、この列はどうなんだろうと思っていた時、うしろのおばさん2人の会話が、聞こえてきました。

青の印のある1、3、9番のレジ番号はそのまま1列。
赤と緑のある2,4,6、8番は2列に別れると。
1人の人が教えていたのです。

私のもやもやは、解消しました。
そのあとも聞き耳をたてていると、その2人は、初対面でたまたま後ろと前に並んだだけみたいでした。
このスーパーにくる頻度や食材の冷凍法など、会話ははずんでおり、おまけに前に会ったことありますねえ~なんて、ウソかホントか?話してました。

おかげさまで、その日のレジ待ちの時間は、イライラすることもなく、すっきりでした。



Comments are closed.