お母さんかく語りき

気づけば子供のことばかりですね。

スーパーレジに並びながら

日曜日午前中は、近所のスーパーは朝市セールで、毎週、混みあいます。
当然レジも長蛇の列です。

いつも不思議でした。
9つのレジがあるのですが、それぞれ1列に並んでいても、途中から2つのレジに分かれていく列があるのです。
ずっと不思議でしたが、たまのことなので、買い物が終わると忘れ、さほど気にもしていませんでした。

先日も並び始めてから、思い出し、この列はどうなんだろうと思っていた時、うしろのおばさん2人の会話が、聞こえてきました。
Read the rest of this entry »


ガロの時代とカムイ伝の話

雑誌の「東京人」7月号の特集が「ガロとCOMの時代」だったのですが、息子も読んで面白いと言っていました。

息子は大学で歴史を学んでいて、1960年代にも歴史として興味があるのだそうです。息子の好きなウルトラシリーズなども60年代に始まっていますし。それで、つげ義春とか手塚治虫とかカムイ伝の話をいろいろしていました。
Read the rest of this entry »


昔の近所付き合い。。。微妙な隣

私には、子供が3人いて、それなりに子供達の世話や学校の行事に参加したり、ボランテイア活動もしているママベアだと確信している。

私の住んでいたカントリークラブのタウンハウスコミュニテイには、国際的な隣人関係があるのだけれど、、、
国際的は、いい。アメリカ人の複雑な家庭環境も、ぐっと口をしぼり挨拶程度する、友好的な関係でありたいと思っているのに、
50代で、子供に恵まれず、韓国から子供を養子として迎えて、子供の心配が100%で彼らが、その子を大事に育ててるのも、私には、伝わる。
わかるよ。大事さとか、自慢したいくらいの愛情表現も、休暇のデイズニーランドの旅やら、誕生日やら、、
やってくれ。
私は、そうなんですかっ!だの、すばらしいっ!だの、旦那さんがお子さん大事にしてるわよね?だの、バス停で、毎朝言ってた。

そして、私の子供達の夏休みに入り、夏のキャンプが同じだと言う事がわかったので、朝の送りを合理的にしないか?と私は、聞いてみた。
すーるーとー、翌日から彼女は、私を無視しはじめた。

しばらくして、キャンプに通う私の3番目を夕方5;30に迎えに行き、セキュリテイゲートを通り、小さな橋を渡って帰るのだけれど、この橋に、3人の6年生が座っていた。。
その時、天気がカラッとしていたので、窓を全開にして、子供達が座っている橋の横を減速して車で走っていた瞬間ビイイイッチっ、と私に向かって罵声を上げてきた。
こういった俗語は、6年生の子供は使わないので、私は、なんだ?と思ったけれど、そのまま自宅に帰宅した。
Read the rest of this entry »


髪型を気にする小学4年息子

息子は小学4年生。
一年生の時から髪を切るのは美容師さんにお願いしています。

通い初めの頃は、母親であるわたしが、こんな長さに…とか、ここはこうしてください…と、色々注文していましたが、最近では、息子本人が自分で美容師さんにあーだこーだ注文するようになりました。
Read the rest of this entry »